環境を変えても変われるかどうかは自分次第。


こんにちは、ケンワタナーベです!

自分を変えたい・・・って思う人に対してのアドバイスで、「環境を変えれば変わる」という意見をよく聞きます。

それを聞いて、思い切って環境変えるぞ!!!ってなる人もいます。実際に環境を変えたことで、人生が飛躍する人もいます。

ただ、気をつけなければいけないのは、

 

環境を変えたとしても、変われるかどうかは自分次第

 

だと言うことです。

 

環境を変えれば変われると思っていた自分

 

実際に僕自身がそうでした。環境が変われば、僕は変わることができる。そう思ってました。

僕の場合は

 

地元→東京→カンボジア

 

と国をまたいで環境を変えました。笑

興味があったから故の行動であったのはもちろんなのですが、自分を変えたいという気持ちがあって、この場所で、自分を変える!

って思っていたのも事実です。

しかしカンボジアで挫折をした時に、僕はどこかで環境のせいにしてしまっている自分がいたことに気づきました。

少し背伸びして、虚勢を張っていた自分がいたことにも気づきました。

僕はどこかで、それを周りのせいにしてしまっていました。

 

 

環境を変えた後どう行動するかの方が大事

僕がこの失敗から学んだことは、

 

環境を変えた後にどう行動するかをもっと掘り起こし考えるべき

 

だということです。

環境を変えたとしても、今までの自分と同じ自分では変われません。

環境を変えた後の自分とどう向き合っていくかに意識を向けていきましょう。

 

環境を変える前に必要なこと

 

環境を変えるのは大事なことです。自分を変える為の大きなきっかけになるのも事実です。

ただ、環境を変える前に必ずするべきことがあります。

それは

 

 

今の自分を認める

 

 

ことです。

実際に僕は自分を認めることができませんでした。そしてその理由を環境のせいにしてしまっていました。自分の現状と向き合わずに環境を変えたところで、変わることはできないんです。

 

環境を変える前にとことん自分と向き合い、

なりたい自分に対して今の環境では叶いそうにないのなら、思い切って環境を変える。

そう考え行動することが大事です。

 

 

まとめ

環境を変えるのはあくまで手段です。

自分の現状を環境のせいだけにしてしまっている人には環境を変えることをオススメできません。

大切なのは、環境を変える前も後も、自分自身と真に向き合っていくことです。常日頃から、自分のことを振り返る時間を作るようにしていきましょう!