転職は在職中に決めるべき3つの理由


こんにちは、ケンワタナーベです!

 

転職をしよう!と決めた時に、

 

今の仕事を続けたまま転職活動をしようか?

 

時間も余裕もないしいっそのこと退職して転職活動をしようか?

 

悩む方も多いと思います。確かに、退職をしてからの方が時間的余裕ができるので転職活動もしやすいと思います。ですが、退職後・在職中両方の転職活動を経験した僕の意見としては、

 

在職中に転職活動をするのが一番いい

です。

今回は在職中に転職活動をするべき3つの理由をご紹介します!

 

理由1:経済面での不安がない

 

1つめは経済面での不安がないことです。

在職中であれば、現在働いている企業からの給料は出るので生活にも困りません。

逆に、退職をしてしまうとその時点で収入はゼロになります。もし転職活動がうまくいかなく、離職期間が長引いてしまうとそれだけ生活への負担も大きくなります。生活への負担が大きくなってしまうと焦りが生まれてしまい、本来自分の望んでいた転職ができなくなってしまう可能性もあります。

貯金をしっかりしてるから大丈夫!という方であれば多少余裕はあると思いますが、貯金ができていない方はなるべく現在のお仕事を続けながら転職活動をしていきましょう。

 

 

理由2:離職時よりも心の余裕ができる

 

これは実際に僕がそうだったのですが、離職している時よりも在職中に転職活動している方が心の余裕ができます。

転職活動がうまくいかなかったとしても、

 

「とりあえずは生活できるからいいや!」

 

と考えることができます。

無職のまま転職活動が長引いてしまうと、

 

生活の面であったり、決まらなかったらどうしよう・・・

 

という不安がつきまとうようになります。

無職の期間というのは、想像以上に精神的に追い込まれます笑これがダメでも大丈夫!という心の余裕は持てるようにしましょう!

 

理由3:今の会社でやりたいことが見つかる可能性がある

 

転職活動をしていくうちに、在職中の会社でやりたいことが見つかったりとか、

会社に対する不満が解消された!

というケースも少なくないようです。

転職活動を通して改めて自分自身を掘り下げることで、新たな視点で物事を見つめられるようになることもあります。

転職活動で内定を頂いても、現在の会社に残るという選択をする方もいます。

一番不幸なのは、転職したことを後悔してしまうことです。転職活動は自分の考えを再考する大切な時間でもあります。

焦らず、納得のできる選択ができるよう心がけましょう!