カップルでディズニーに行くと別れるというジンクスを真剣に考察してみた


こんにちは、生粋のディズニー狂、ケンワタナーベです!

 

皆さん、恋人とのデートではどんなところへ行きますか?
映画館、水族館、遊園地、ショッピング、そしてディズニー

 

デートで行きたいところランキングでは常に上位に入るディズニーデート。

特に女性は憧れのデートスポットですよね。

 

しかし、よくこんな都市伝説を耳にしませんか?

 

カップルでディズニーに行くと別れる

 

ディズニー大好き、そして一緒に行く人は絶対楽しませたい精神の僕としては何故こんな噂が流れるのか疑問でいっぱいでした。そこで何故そんな噂が流れるようになったのか?真剣に考察してみたところ、大きく3つの要素が原因にあるのではと推測しました!

今回は何故ディズニーデートは別れると言われるのか?解説していきます!

 

原因1:待ち時間が長くてイライラし始める

 

ディズニーは年間3000万人以上が来園する超人気のテーマパークです。平日でもそれなりな混雑、そして土日となると主要のアトラクションの平均待ち時間は60分以上とかなり混雑しています。

特に男性は人混みが苦手であったり、長時間並べない人が多いです。ここでイライラしてしまう人がいるのが原因の一つなのではないかと思います。

並ぶ並ぶの繰り返しで会話がなくなり、イライラし始め、ケンカになってしまう…実際そういったカップルもよく見受けられます。

これに関してはお互いが何分までなら待てるか事前に話し合ったり、ファストパスを有効活用することで解決できるのではないかと思います!

 

 

原因2:金銭的問題

 

普段から、デート代は全額男性持ちという習慣が定着しているカップルにとってディズニーデートは辛いものがあります。ワンデーパスポートの値段が1人7,400円(2017年現在)、食事代は基本的には1,000円を超え、ディズニーデートで思わず買いたくなっちゃうカチューシャとかは2,000円します。

 

夢と魔法の王国ではその名の通り魔法のごとくお金がとんでいきます。

 

全額男性負担となるとかなりの金銭負担になります。あれも買って、これも買ってと遠慮せずに言ってしまうとフラストレーションが溜まってしまう男性もいるのではと思います。

 

普段のデートでは全額出してもらっているという女性でも、ディズニーデートの時は少しは負担する等、男性への気遣いをするようにしましょう。

 

原因3:一緒にいる時間が長く人間性がでる

 

ディズニーの開園時間は最長で朝8時から夜22時までの15時間です。せっかく高いお金を払ってワンデーパスポートを買ったのなら、なるべく長く楽しみたい!という方がほとんどだと思うので、開園から閉園までいようと意気込むカップルも少なくないと思います。

ただ、15時間一緒にいるって、普段のデートよりもかなり長いですよね。そしてディズニーデートは基本的に終日外で行動、歩きっぱなしになるので疲れもかなり溜まります。

疲れが溜まるとどうしてもイライラしてしまうし、人間性も表れます。そこで相手の嫌な面が見えてしまったりして気持ちが冷めてしまう可能性があるのかなと思います。

これに関しても、疲れているときでもいかに相手のことを思いやって行動できるかですね!普段から心がけていれば、ディズニーデートでもそれができるはずです。

 

まとめ:ディズニーデートは合う合わないがあるのかもしれない

 

こうやって考えると、ディズニーデートは合う人と合わない人がいるのかもしれませんね。

僕のようにミッキーマウスになりたい系男子であれば苦もないし彼女と行ったら幸せいっぱいに過ごせますが、ディズニーがそんなに好きじゃなく、人混みが苦手な人が彼女の為に仕方なく行ったりすると温度差も出てしまうのかもしれません。

ただ、ディズニーは周り方次第でとても楽しく過ごすことができます!

こちらのブログでディズニーの楽しみ方についても随時更新していくつもりなので是非チェックしてください!