僕がMLMの勧誘を受けた話〜モデーア 勧誘から説明会参加まで〜

 

こんにちは、ケンワタナーベです!

 

前回、モデーアをやっているC子とHさんと出会った話をしました。

一見ごく普通の出会いのように思えますしこれだけではMLMの勧誘をされるとは思えないですよね。

ただここからどんどん勧誘の道に踏み入っていきます。僕の脳内も、自然と洗脳されていきました笑

ちなみにこの勧誘期間、3ヶ月ほど続きました笑

 

何度か3人で会って話す日々が続いた

 

その後も、僕はC子、Hさんと3人で話す日々が続きました。

この頃、仕事もプライベートもうまくいっておらず、精神的にも参っていた僕は、話を聞いてくれる2人に安心感を得てしまっていました。

基本的には僕の話を聞いてもらう形でした。仕事も嫌になっていた僕は、独立に憧れていたりとか、海外が好きとか、もうまさにMLMの格好の的である発言を繰り返していました笑

 

C子はHさんにビジネスを教えてもらっているという話が始まる

 

3人で集まる会では基本的にC子が僕に話を振り、僕が答え、Hさんがコメントするという形だったのですが、

だんだんとC子は自分達の話をするようになりました。

 

・C子は自分は今Hさんにビジネスを教えてもらっている。(弟子入りというらしい)

 

・現在は本業をしながら空いた時間にそのビジネスの勉強をしている。

 

・Hさん自身も師匠と呼べる人がいて、その人にビジネスを教えてもらい、現在は独立をしている。

 

・2人とも、何をするかより誰とやるかを重視している

 

といった感じで話が進んでいきました。

僕的にも若干怪しいのではないかと思うこともあったのですが、話をすごく聞いてくれ、居心地がよくなっていたので完全に信じてしまっていました。

C子とも、Hさんとも、生き方の価値観が似ていると感じていてそしてHさんは実際に独立していたので憧れを抱いてしまっていたんですね。

 

ただ、ここで1つ疑問になることが。

 

 

ビジネスの内容を教えてくれなかった

 

これまで独立やら、ビジネスやらと語ってくれてはいたのですが、肝心な内容については一切触れてきませんでした。僕が遠回しに聞いてはいたのですが、

 

・物流の仕事

 

・1人ではなく、仲間と連携していく仕事

 

といった形で、具体的な話はしてくれませんでした。(ここで気づかなかった自分が悲しい)

具体的に知るのは、弟子入りすることが必要になるとC子は話していました。

完全に違和感も感じつつも、僕はHさんの落ち着いた雰囲気と、安心感を信じることにしました。

 

まさかの弟子入り宣言

 

C子、Hさんと出会ってから約3ヶ月。仕事もプライベートもうまくいっていなかったぼくはHさんとC子との時間に完全に安心感を覚えていました。

話す度にわき上がる違和感を覚えつつも、Hさんのことを信じてみたいという気持ちが強くなっていきました。

そしてついに僕は

 

弟子入りさせてください

 

と言ってしまったのです。。。

 

どんな内容なのか気になる。もしかしたら自分の求めていた生き方なのかもしれない。

そして僕は、第二のMLMの説明会に参加することになったのです。

 

こちらの記事に続きます