天国のおばあちゃんへ、最後の手紙

2018年3月18日 午前11時34分

大好きな、大好きなおばあちゃんが天国へと旅立ちました。

肺がんでした。

病気と戦い続けたおばあちゃん

おばあちゃんは15年前に脳梗塞で倒れ半身が不随になり、5年前から肺がんを患っていました。

何年も病気で苦しんでいたはずなのに、いつも笑顔で僕たち家族を愛してくれた、太陽のような人でした。

僕が病室で再開した時にはもうがんの末期と言える状態で、まともに会話ができる状態ではありませんでした。

最後は家族みんなに看取られながら、静かに天国へと旅立ちました。

僕はゆめみガチな人間です。空想や夢を見ることが好きです。

世界を繋ぐインターネット。もしかしたら天国へと繋がっているのかも。

そんな夢をいだきながら、前に進むために、このブログにおばあちゃんへの最後の手紙を書こうと思います。

天国のおばあちゃんへ

おばあちゃん

インターネットがもし天国へも繋がっているのだとしたら、この手紙はおばあちゃんに届くのかな?

おばあちゃんのお葬式が終わって東京に帰ってきた今でも、思い出しては悲しくて、涙が出て、何も手につかなくなるよ。

ちゃんとしなきゃと自分を奮い立たそうとしても、流れる涙を抑えることができなくて、かっこ悪いね笑

おばあちゃんにはいっぱいのありがとうと、いっぱいのごめんねがあるんだ。

恥ずかしくて直接言えなかったから、ここで言わせてね。

ごめんね

おばあちゃん家行っても、いつもすぐ寝ちゃってごめんね。おばあちゃんの家は居心地が良すぎて。

おばあちゃんが行きたいって言ってた伊良湖岬、連れていってあげれなくてごめんね。温泉も行けなかった。本当にごめんね。

ご飯食べに行った時に、「もっと食べりん」って言ってくれるのに全然食べれなくてごめんね。そんなに大食いじゃないから、定食2つも食べれないの笑

おばあちゃんがっかりするけど、おばあちゃんとご飯食べるときはいつもの2倍くらい食べてたんだからね!笑

カンボジアに行くって決まったとき、おばあちゃんを泣かせてごめん。渡航前に遊びに行ったとき、僕の手をさすりながら大声で泣き始めたおばあちゃん。一緒に泣いたね。

思ったより早い帰国になったけど(笑)、「もう会えないかと思った」言いながら、うれしそうに笑うおばあちゃんを見て、帰ってきてよかったって思えたよ。

ひ孫を見せてくれっていってたのに、見せれなくてごめんね。おばあちゃんが元気な間に結婚すらできなかった笑

でも、弟が代わりにひ孫を見せてくれたね。甥っ子を幸せそうに見てるおばあちゃんの顔、忘れないよ。

ありがとう

ごめんねって何回も言ったらおばあちゃんは冗談で笑いながら「いやですー」って言うのかな笑

そろそろありがとうを伝えたくなったからたくさんのありがとうを言わせてね。

足が悪いのに、僕が寝ちゃうといつも布団をかけてくれてありがとう。すごく暖かかった。

アルバイトしてた頃、お母さんや妹と食べに来てくれてありがとう。恥ずかしかったけどすごくうれしかった。

自分は全然食べれないのに、広告に入ったレストランのクーポン、とっておいてくれてありがとう。僕とか妹と行こうと思ってたんでしょ?一緒に行けなくてごめんね。

おじいちゃんに内緒でってお小遣いくれたよね。ありがとう。4つ折りにしたお札見ると、いつもおばあちゃんのことが浮かんでたよ。

いつも遊びに行くとお菓子をくれてありがとう。「健太郎が小さい頃から好きだから」って遊びに行くといつも買っておいてくれてた黒かりんとう。やっぱり今回も買ってあったね。美味しく食べるね。

いつも遊びに行くと、来てくれてありがとうって言ってくれたよね。ありがとうはこっちのセリフだよ!僕はいつも行っても寝てるだけ笑 元気で笑っててくれてありがとう。

遺留品整理してたらでてきたおばあちゃんの宝物入れ。見たら涙が止まらなくなっちゃったよ。

だって僕が幼稚園の時に書いた自分の名前とおばあちゃんが幼稚園に来てくれた時に作った手紙が入ってるんだもん。全然覚えてないのに、なんでかわからないけどおばあちゃんのすごく喜んでくれた顔が浮かんでくるんだ。

20年以上も大切に持ってくれて、本当にありがとう。おばあちゃんのカバンに入れたから、天国にも持っていってね。

ありがとう、さよなら、大好きなおばあちゃん

よかった、ありがとうの方が多かった!

まだまだたくさん言いたいことはあるんだけど、ちゃんと仕事しろよー!っておばあちゃんに怒られそうだからここまでにするね。

おばあちゃんには本当にたくさんの愛情をもらいました。

ずっと恩を返したいって思ってたけど、もう返せなくなっちゃった。

だから、代わりに僕の周りの家族や大切な人を精一杯愛そうと思うよ。

おばあちゃんがそうしてくれたみたいに。

正直、まだ信じられなくて、お盆に、元旦に、おばあちゃん家に行ったらおばあちゃんが笑って迎えてくれそうな気がして。

笑顔で「何食うだ〜?」って言ってくれそうで。

でも、いつまでも落ち込んでたらおばあちゃんに怒られそうだから笑

前を向いて、大切な人たちのために頑張るね。

これからも天国で見守っててね。

大好きな、大好きなおばあちゃん

本当にありがとう。