転職することが逃げだと思っている方に伝えたいこと

 

こんにちは、ケンワタナーベです!

日本では、転職についてネガティブなイメージをもたれがちですよね。

終身雇用というバブル時代の文化が崩壊した現在でも、昔の考え方が深く根付いてしまっています。

そんな中でよく聞くのが

「逃げの転職は成功しない」

と言って批判する意見。

この言葉に惑わされて、転職したい気持ちを押し殺してしまったり、限界がきているのに無理して働こうとしてしまう方もいると思います。

僕はこういった周りの目にとらわれずに、自分が転職したいと本気で思うのであれば踏み出してほしいと思います。

無理して残って、心身を壊してしまったら取り返しがつかなくなりますよ。

 

そもそも前向きな転職ってなんだ?

前向きな転職ならいいっていいますが、そもそも前向きな転職ってなんでしょうか?

前向きであるのであれば転職しようなんて思わないのではないでしょうか。全ての転職には必ず理由がありますが、必ず逃げの要素は含まれていると思います。

 

・職場の人間関係が辛い

・給与が低い

・労働時間が長い

・転勤が多い

というように、様々な転職理由があると思いますが、逃げがない要素ってないと思いませんか?

「キャリアアップの為のポジティブな転職」は要は職場でやりたいことができないことからの逃げ。

「家族のことを考えたポジティブな転職」は要は家族との時間が過ごせないことからの逃げでしょう。

結局は捉え方次第

転職面接の対策では「ネガティブな退職理由をポジティブに変換しよう!」とよく言われますが、

ネガティブなこととポジティブなことは表裏一体の関係にあるんです。

ネガティブな部分だけがフォーカスされていくのが日本社会の考え方ですから、「転職=逃げ」というイメージが蔓延しているだけです。

自分の捉え方次第なんですよ。

逃げでもいいじゃないですか。

批判してくる人はたいてい自分もうまくいっていないにも関わらず転職する勇気もないから妬んでいるだけです。

成功している人は批判したりしません。

まずは自分自身の捉え方をポジティブに変換できるように意識を変えていきましょう。

 

 

大切なのは行動を起こした後

大切なのは転職活動中や転職した後です。自分自身も変わる努力をしなければ同じ道を歩んでしまうことになります。自分の価値観や、

将来の目標などとひたむきに向き合い、そのうえで行動することが大切になってくると思います。

その選択肢が逃げだと感じてもそれでもいいんです。

まずは今の自分をしっかり認めて、他人の批判にまどわされずに行動していくことが大切です。

まとめ:自分が壊れるくらいなら一目散に逃げろ

昨年の新卒で入社した社員が自殺をした電通のニュースはとても大きな話題になりました。

僕の身近なところでも、上司のパワハラにより自殺をしてしまった人がいるという話を聞いて、とても悲しくなりました。あまりに無理をしすぎると、合理的な判断ができなくなり、鬱になったり、自ら命を絶ってしまうことになります。

本人も、周りの人たちも、そんな結末は望んでいないはずです。自分を追い込みすぎる前に、その環境から離れましょう。必ずどこかで輝けることができます。周りの目ではなく、自分の気持ちを大切にしてください。

僕もカンボジアで挫折をした時は、かなり精神的に追いつめられました。それでも今、周りの目も気にすることがなくなり、こうしてブログを書いています。

同じ思いで苦しんでいる方がいれば、どんなことでもいいのでご相談ください!

 

    ****************************************

最後まで読んで頂きありがとうございます!

転職相談や上京の相談など、皆様の一歩踏み出すきっかけをサポートしています!

Facebookか、もしくはこちらのお問い合わせページからお気軽にご相談ください!!